【PMS中の仕事への影響について】頭がまわらず職場で自己嫌悪

gf01a201503230100

お正月に「いくらでも寝られるな~」状態だったのは、PMSの影響だったのか?

今月は「メンタル不調」よりも「体調不良」がヒドイ。

認めたくないが、どうしても思ってしまう。

PMS中の私たちは、組織の戦力としてどうなのか。いかがなものか。

まずは、今月の症状から。

今月(2015年1月)の主な症状

・メンタル不調は「仕事やる気しないわ~」のみ。(それはPMSのせいか?)

・朝から体温上昇。身支度がしんどい。ぼーっとしてアタマが上手く回らない。
明らかに判断力が落ちている。

・夕方頃から再び発熱。打ち合わせを早く終わらせたくて、超早口でまくしたてる。O社さん、ごめんなさい。

・帰りの東海道線車内でひとり汗だく。ハンカチで首の汗を拭き拭き。なんでそんな汗だく?と思われていそうで恥ずかしい。明日からはライナーで帰ろう。

・晩ゴハンを食べるとすぐに眠くなる。(21時か22時には就寝)

今月はメンタルに影響が少ないのがラク。
お正月でノンストレスな生活をしていたからかな。
このあたり、関係がありそうだ。会社辞めたら症状が改善されるのか、実に興味深い。

ただ、アタマが回らない。仕事にならない。困った。

迷惑かけてごめんなさい・・・の自己嫌悪

とにかくアタマが回らない。
仕事の締切が迫っているのに。

アタマが回らないから手順に無駄が多い。我ながら恐ろしく効率が悪い。焦る。
頭の中に悪い小人が棲みついて、いろいろ邪魔をする。

「決めてください」「こっちも決めてください」と依頼先の担当者から、やんややんやと電話とメールが入る。
私の判断や詰めが甘いせいで、一度のやり取りで解決しない。
スマホの着歴がみるみる増えていく。

待ってくれ。決められないんだ。アタマが回らないから。
みなさんの仕事を増やして本当に申し訳ない。

頭にね。悪い小人が棲んでいてね。なかなか出て行ってくれないの。とは言えない。

能力低下は由々しき問題。戦力外通告されても仕方がない

私だったら、こんな部下は困る。戦力外通告をしたくなる。

体調が悪い?はああ?仕事してよ、仕事。体調管理も仕事のウチだよ。

そう言われても仕方あるまい。
月の半分、部下がこの調子じゃあ、やってられん。

部下を動かして結果を出すのが上司の仕事なのだから。
同じ釜の飯を食っているからこそ、シビアに評価されるのは当たり前だ。
組織で働くとは、そういうことだ。

PMSでも心穏やかに働ける職場はあるのだろうか?

女性の雇用促進、女性の輝く社会かあ。そんな桃源郷はどこにあるのだろう?

圧倒的多数の男性社員に囲まれ、トップダウンで権限委譲がなされず、恐ろしく効率が悪く無駄な残業がはびこる、今の職場では無さそうだ。

働くパパママと同じように、PMSを抱える女性もツライ。
いずれにしても、何かしらの対策が必要だ。
私の場合は、まずは会社を辞めることから。

どうにもならないときは、諦めて帰ろう

こんなときは、とりあえず発熱(微熱)を最大限利用。

「熱があるので風邪かしら?まさかインフル?」と騒ぎ、ささっと帰るのがオススメです。

私の場合、微熱でもしっかり頬が赤くなるので、このやり方はかなり効果的。
みんなどれだけ仕事がたまっていても「早く帰ったほうがいいよ」と言ってくれます。フフフ、すまぬ。

たとえ仕事がたんまり残っていても。
同僚に仕事を押し付けることになったとしても。
どうせアタマが回らないので、その残業時間は無駄です。会社的にも損失です。

人間、諦めも肝心。
でも、同じ自己嫌悪を抱き続けるのは、無思考、無策すぎる。
そんなとをボンヤリ考える毎日。

みなさんはどう思いますか?わたし厳しすぎますか?

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/