【不運な新入社員に共感する】教え下手な人は極悪人だ

lgf01a201303151000

最近ずっと脳内リピートしているフレーズ。

男もすなる日記といふものを女もしてみんとてするなり・・・

このブログをWordPressという中級者向けブログサービス(ってブロガーのみなさんが言っていました)で書いている私は、日々、土佐日記の心境だ。

「日記」を「ブログ」に置き換えていただきたい。

何人敵に回したって構わない。ブログを始めて半年。ハッキリ言おう。
ブログはまだまだオタク男のモノだ。

お願いだから、わかりやすく説明していただきたい

たとえば私が、自分のブログの広告の位置を変えたいと思ったとします。
ある人が設定方法が出ているサイトを教えてくれました。

ありがとう!!

喜んでサイトAを見に行ったところ、サイトAには、シャラ~と書いてあるんです。

「○○の設定方法は以上です。そのほかに△△の設定も別途必要ですが、そちらは通常のやり方でOKです」

は?なんですと?

当然「通常のやり方」とやらが分かりません。

で、ググります。
ググりにググって、グーゴー様の一番下に出てくる「次へ」を何度も何度も押して、ようやく私が理解できるくらいに丁寧に解説してあるサイトBに辿り着きます。

ありがとう。サイトBを作ってくれた人、あなた偉すぎる!神だ!ありがとう!!

だがしかし。サイトBにもまた、先程と同じ記述があるわけです。

「△△の設定方法は以上です。そのほかに◇◇の設定も別途必要ですが、そちらは通常のやり方でOKです」

・・・・・。

このようにして、A→B→C→D→Eと参考にするサイトばかりが増えていき、事態は一向に解決しないまま、日が暮れていきます。
やってられないので、もうビール飲んじゃおう。

倒しても倒しても、ラスボスっぽい敵が次々と現れる、昔の少年ジャンプのようです。オラ、悟空!

ああ、腹立つ。サイト作ったヤツ全員呼び出して説教したい。

会社にもいませんか?こういうタイプ

ねえねえ、なんでそんなに不親切なの?
そもそも初心者レベルは相手にしていないの?
単に教えるのが苦手なの?
なんでいちばん大事なところを端折るの?すっ飛ばすの?
説明するのがかったるくなったの?
それとも自分の知識をひけらかしたいだけなの?

ああ、腹立つ。サイト作ったヤツ全員呼び出して説教したい。(二度言いたい)

これ、別にブログに限った話じゃなくて、会社にもいませんか?
究極に教え下手な人。
職人的に活躍できるスキルだったりポジションの人なら教え下手でもいいけれど、スキルが中途半端で教えるのも下手だとしたら、行末が不安ですね。。。

半年前に私がうっかり足を踏み入れた「ブログ界」には、この手のタイプが山盛りいるようです。
ええ、決して私の知識レベルや理解力の問題ではありません。

そういえば、同棲していた3歳年下の彼(メーカーSE)も、究極の教え下手だった。

「ごめん。悪いけど、勝手に説明し始めないで。私が聞いていることにだけシンプルに答えて!」

と、教え方を指導しつつ教わったっけ。

さあ、あなたはどちらの人ですか?

わたし?
わたしは教えるのが上手い人です。当たり前じゃないですか。
これで教えるの下手だったら目も当てられん。
人より理解力が劣るのですもの。
人より理解力が劣るということは、大抵の人の「つまづきポイント」がわかるってことです。これが私の能力です。

私と同じ「教えるのが得意な人」よ。
「教えるのが究極に下手くそな先輩」の下についてしまったがゆえに(←可哀想に・・・)いまだ不安げな表情をしている新入社員はいませんか?
あなたが助けてあげてください。
教え下手な先輩の手前、堂々とは無理ならば、こっそりお昼にでも連れ出して助けてあげてください。
たぶんあなたは一生感謝され、あなたの窮地にはその新人君が助けてくれることでしょう。

そして「教えるのが苦手な人」よ。
お願いです。まずは自覚してください。
教え下手な人は、なぜか自覚がなく、人に教えるのが大好きですが、あなたは人に教えてはいけないタイプの人だと、まずは自覚してください。
確かに知識はあるのかもしれない。
でも、知識があるのと人に教えるのとは別次元の話なのです。
名選手、名監督にあらず。あなたは長嶋タイプなのです。
もう二度と「人に教えよう」なんて考えないように!

ふう。一気に毒吐き出してスッキリ。

初心者女子ブロガーよ、委縮するな、立ち上がれ

私と同じ悩みを持つ、ウッカリWordPressでブログを始めてしまった女子ブロガーさん。連絡ください。
我々はもう、覚えても仕方のない設定になど、時間を費やしている場合ではないのです。そんな時間があるならブログ書こう。
小難しい設定は、すべてアウトソースしよう。アウトソース。

「ぜんぜんわかってなくてすみませ~ん!」なんて低姿勢でいる必要はないのです。
ワードプレスをワールドプレスだと思い込んでいたっていいじゃない。

こんなわかりにくいサービス、まだまだぜんぜんダメだな!と言ってやりましょう。

私の運営する女子ブロガーサロン「女子風呂」でお待ちしております。

入会ご希望の方は、わたしのFacebookに友達申請&メッセージをお送りくださいませ!

わたしのFacebookはこちら

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら