ママチャリを必死で漕ぐイクメンはかっこいい

0110-2

ダサカッコいい若きイクメン

見た目カッコいい。

コートの襟を立ててるのもサマになっている。

仕事できそうな顔つき。

そんな若きイクメンが、後ろに大きなカゴの付いたママチャリで、駅に向かって疾走している姿を見かけた。

そのハズし具合と生活密着度合いが、実にカッコいい。

園で子供にぐずられたのか。

だから時間がなくて焦っているのか。

がんばって、イクメン。

ダサカッコ悪い昭和のオヤジ

妻の運転で駅まで来た、昭和のサラリーマンオヤジが彼を後ろから追い抜いていく。

カッコ悪い。

通勤くらいひとりで完結させたまえ。

最近読んだこの本のなかで、病児保育NPOのフローレンスの駒崎さんがこんなことを言っていた。

「企業人は企業のことをよく知っているけれど、社会に触れていない。会社人であって社会人ではない。」

企業人でもあり、社会人でもある彼ら(若きイクメン)は、どんなふうに会社を、社会を変えていくのだろうか。

でもあいつら(イクメン)まだまだ家事育児はお手伝い感覚なんだよ(怒)って思っている働くママさんも多そうだけどね。

それでも、イクメンが変える社会と、彼らと子供との関係性に期待したい。

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら