接客マナーが良い店と悪い店の特徴

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK65_torinosutennai20130825-thumb-1000xauto-16891 (1) (640x340)

「ロクなバイトが入って来ない」「バイトが育たない」とお嘆きの店長さんへ。

それはバイトが悪いんじゃなくて、あなたの店に魅力がないのと指導の仕方に問題があるからです。

「最近の若いやつは・・・」と愚痴ってる場合ではありません。

接客マナー5原則(挨拶、身だしなみ、表情、言葉遣い、態度)を教える前に、バイトが入ったらやるべきことについて。

のその前に、良い接客ができている店とできていない店の特徴。

茅ヶ崎で接客が◎なお店(家族経営除く)

パッと思いつくのは、この2店舗くらいだろうか。

【オススメ】茅ヶ崎駅南口の大人向け和食屋さん(心花)

茅ヶ崎駅南口駅前通りの「臥薪」のハンバーグが美味しいよ

あ、ここもいつ行っても感じ良いわ。

サザンビーチが眺められる「サザンカンフォート」は茅ヶ崎に遊びに来た友達を連れていきたいお店

 

これが出来てたら安心!良い接客ができているお店のポイント

客の都合にあわせた接客

席の決定権を客にゆだねる。
「カウンターのお席とテーブルのお席とご用意できますが、どちらがよろしいですか?」

バイトでもしっかり料理の説明ができる

その日のオススメや、一品一品の料理について尋ねたときに、スラスラと答えられる

客にの様子を常に(さり気なく)チェック

「すみませ~ん」と声をかけずとも、メニューから顔を上げたときに、スタッフと目が合う
(さり気なくこちらの様子を窺っている)

セールスが上手い

少々お高めのメニューを「さり気なく」勧めてくる。
(バイトであってもお店の売り上げに対する意識が高い)

茅ヶ崎でオーナーおよび従業員の接客が×なお店の特徴

客の目を気にしていない

バイトが目立つところでまかないを食べており、まかないを食べているバイトに別のバイトがちょっかいを出す。とかね。

スタッフ同士のお喋りが目立つ

注文が入らなくなると、従業員が固まってお喋り。和気あいあいとした職場でイイね!とも思うけど、落ち着いた和食のお店にはそぐわない。

オーナーが高飛車

ちょっと人気店だと思って、オーナーの接客が高飛車。店の都合を客に押し付けてくる。

オーナーが気分屋

ちょっと人気店だと思って、オーナーが気分屋。不躾な客やバイトをその場で叱りつけ、店の空気を凍り付かせる。この時期、冷房いらず。

オーナーが勘違い

ちょっと人気店だと思って、オーナーが常連に勘違い発言。
「ウチの店の常連なら、今日は〇〇とか〇〇を頼まないとね。貼り紙見ればなにを頼むべきかわかるでしょう。わからないようじゃ常連じゃないよ」
→以前、絶賛したお店だったけど、もう行くのや~めた!と思った。
だいたい、貼り紙ありすぎて、なにがオススメなのかわかんないよ!

最後の2つは過去にブログで紹介しちゃったけれど、以来、行っていません。そのうちそっと記事を消しておこう。

たとえばオーダーを間違えるとか、オーダーが通っていなかったとか、料理がなかなか出てこないとか、そういうのはいいんです。別に怒りません。
バイトが新人ばかりとか、スタッフが足りないとか、何かしら事情があると思うので。

私が「こりゃダメだ」と思うのは、店側の客側に対する気持ち。おもてなし以前の問題。
「たくさんあるお店の中から、選んで来てくれてありがとう!」「心地よくゴハン食べて行ってね!」の気持ちがあるか否か。
気持ちの無い店は、味が良くても居心地が悪いので、行きたくなくなります。
長くなったので、今日はこのへんで。

次回は、接遇検定1級を持ち、接遇研修講師を務めてきた私が「接客マナー5原則(挨拶、身だしなみ、表情、言葉遣い、態度)」を教える前に、バイトが入ったらやるべきことについて、ディズニーランドで教わったことを例にご紹介します。

ではまた!
(次回=気が向いたとき)

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら