【茅ヶ崎・辻堂ランチ】名店「とんかつ大関」で匠の技を堪能せよ

oozeki

はい、こんにちは!さとちゃんです。
そろそろ茅ヶ崎にも飽きてきたので、ジワジワとお隣の辻堂に進出中。
(ウチからはチャリンコで行ける距離です)

さて、先日の「アド街ック天国 辻堂特集」で堂々7位にランキングされていた、地元では誰もが知る「とんかつ大関」。

ここの凄さは味だけじゃない。

アド街ックでは紹介しきれなかった(であろう)「とんかつ大関」の魅力について、私がこのブログを通じて運営している「茅ヶ崎コミュニティ」のメンバーであり、メンバーでいちばんの茅ヶ崎&辻堂通である、ジュンさんに解説していただきます。

さとちゃん
ジュンさん、よろしくお願いします!
ジュンさん
はーいよー

大人数で行ってシェアするのがオススメ!

これオススメ!

・塩や辛子醤油で食べても美味しい、脂の甘いロースカツ
・さっぱり目だけどジューシーなヒレ
・シソ巻きやにんにく巻きの変わりカツ
・串カツ
・時価の大海老フライ
・冬が楽しみな牡蠣フライ
・裏人気の生姜焼き

・・・と、食べたいものがあり過ぎて迷ってしまうので、大人数で行ってシェアするのがオススメです。

shiso

これシソ巻きカツ~

 

ninniku2

こちらニンニク巻き~

 

ninniku

ほーらニンニクたっぷり!

 

単品で食べに行きたいくらいの豚汁。
キャベツにかける特製のドレッシング。
昔から変わらない味の沢庵もたまりません。

どんどん炊き上がるご飯!

カウンターに座っていると、ひっきりなしにご飯が炊きあがってきます。
繁盛店なのに、小さい釜で小まめに炊いてるので、食事が終わるまでに何回も炊きあがってくるほど。
以前、オーナーに「1日どれくらい炊くんですか?」と聞いたところ、
「そうだねー、土曜、日曜は俵(ひょう)炊くよ」と。
一俵は60㎏、40升、400合ですね。
「とんかつのご飯は、炊き立てじゃないとね」と教えてくれました。

ほど良いお値段

正直、とんかつだけなら、ここより美味しい店は都内にいくらでもあります。

例えば上野の御三家「ぽん多」「双葉」「蓬莱屋」なども。
但し、とんかつ単品に4,000円〜は如何なものかと。
できれば特上ロース2,000円くらいで「ささやかなご馳走」「幸せ感」が欲しいものです。

ベテランの職人さんと女性従業員さんがイキイキと働く活気ある職場

カウンターの向こうの厨房では、割烹着に身を包んだおばちゃん達がキビキビと働き、職人は黙々とカツを揚げていて、さながら「渡鬼の幸楽」のよう。

そしていつもループタイを締めた、小柄なオーナーがレジにいます。
辻堂商店街のドン、大関さんです。
もともと肉の卸で買い付けをしてたそうです。

さとちゃん
そうそう!私も超ベテラン従業員さん(とくにおばちゃんたち)の完璧なオペレーション、見事な連係プレイに見惚れました
ジュンさん
なんともいえない威厳があるよね
さとちゃん
うん。普段ならバシャバシャ写真を撮るところだけど、なんとなく声を掛けるのも失礼な気がして写真が撮れなかった。。。
ジュンさん
わかる、わかる
さとちゃん
私が行った日曜11時ちょい過ぎには、1階テーブルはほぼ満席でしたが、どんなに店が混雑してきてもまったくペースを崩さず、従業員同士にこやかに会話を交わしながら、でも一切、手が止まらない様子に感動。この技術とオペレーションをぜひとも後世に受け継いでいただきたいものです。
ジュンさん
若い人もいるから大丈夫だよ!
さとちゃん
ならよかった。ドラマ「北の国から」の「杉田組」みたいに「スタッフが高齢化して続編作れね~」みたいなことになったら哀しすぎる。後継者育てるの大事!!

 

まとめ

さとちゃん
お子さんと外食されるときも、あまりファミレスには行かないそうですね
ジュンさん
うん、最近ますますファミレスからは足が遠のいてるなあ。
さとちゃん
そうなんですか
ジュンさん
子供は狡賢く周りを見ているので、大人な店では騒がないし、そういう店に行ったときはどこかちょっと誇らしげ。
さとちゃん
へええ~
ジュンさん
一生懸命作っている人を見ると残さないし、残したときは『美味しかったけど全部食べきれなくてごめんなさい』とか言うね。やっぱり伝わるんだなぁ、と思うよ
さとちゃん
いいですね。でも連れて行く親はちょっと勇気がいりますね~。私みたいな独り者の大人が、多少子供が騒いでいても『ああ、社会勉強に来てるのね』って寛大な心で見守ってあげるのも大事ですね。

ということで、辻堂の「とんかつ大関」オススメです。土日は激混みなので11時の開店と同時に行きましょう!

とんかつ大関のホームページ

とんかつ大関

昼総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:とんかつ | 辻堂駅鵠沼海岸駅本鵠沼駅

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら