夏休みこそ子供を映画館に連れて行き、マナーを教えよう!

7d996544022db3cbff4c6c4d6b700a86_s

保護者のみなさま、お疲れさまです。夏休みに入ってしまいましたねえ。

【家に子供がずーっといるなんて想像つかないレベルの恐怖!】という、子どもが苦手な独女(わたし)が、地元の映画館にピクサー最新作「インサイドヘッド」を観に行って思ったこと。

ガラガラ過ぎるだろ!

IMG_5987

夏休みですよ!私が行ったのは18時半だったので、子どもが行くには遅めの時間帯だったかもしれませんが。

でも夏休みですよ?
夏休みの土曜日ですよ?

ここイオンシネマは、ご家族連れのお財布に優しい、とってもリーズナブルな価格設定なんですよ。

もちろん、上映ラインナップも、ポケモンだの、ピクサー最新作だの、バケモノの子だの、ミニオンズだの。

こんなにも子供向けラインナップでお子さまたちを待ち構えているのに、このガラガラさはなんなんだ?

 

子供を連れて行くのは大変なのか・・・

場内に入り、埋まっている席数を数える。
埋まっていたのはたったの10席。

そして私たち意外は全員子供連れ。

「し~っ!」と子供に言い続けるお父さん

私たちの並びに座っていた、幼い息子連れのお父さん。
息子がやや大きい声で喋り出すたびにに「し~っ!」と注意していた。

なるほど。
子連れ映画には「子どもを黙らせる」というミッションが発生するのね。

「おしっこ!」攻撃に付き合うお母さん

上映中に「おしっこ!」と言われ、3度トイレに立っていたお母さん。
映画に集中できないだろうなあ。

上映中は係員がトイレまで誘導してくれればいいのにね。どうせヒマなんだから。

子どもを映画館に連れて行って、徐々にマナーを習得させればいいと思います

母が私に教えた映画館でのマナー

①上映前に飲み物を飲み過ぎてはいけない(トイレに行きたくなるから)

②トイレに行きたくなったら、静かにそっと出ること(席は必ず端っこ)

③上映中は私語をつつしむ、感想なども言ってはダメ。どうしてもというときは極力小さい声で。

そう言われていたことを思い出しました。

でも、子どもだから喋っちゃうんですよね、上映中に。
気になることがあれば黙ってはいられない。

私は小学5年生のときに観た「ハイティーンブギ」で、ヒロインの桃子(武田久美子)が敵対する暴走族チームに襲われる(暴力ではないほうの襲われる)シーンが理解できず、「え?なに?なにがあったの?なんで横たわって布かけられてんの?死んじゃったの?」としつこく母に質問し、「終わってから教えてあげるから」と何度もたしなめられましたが、「終わってからじゃ遅いよ!いま知りたいよ!いまいま!」としつこく何度も聞いた憶えがあります。

あはははは。まあ、答えられないですよね。たのきん映画よ、対象年齢を考えて作ってくれたまえ。

子供にマナーを教えるのに最適な場所

普段、家でDVDを観ているときは、自由に喋ったり踊ったりしてるわけですから、それが映画館だからといって「静かに観なければいけない」というのは、なかなか理解できないのではないかと。

あとは場数を踏んで、徐々に映画館の雰囲気に慣れればいいのではないでしょうか。
私はそうやって何度か母に付き添われて映画を観に行くうちに、マナーを覚えました。

だから多少子供が騒いでも、それほど神経質になることなく「静かにね」「もう少し声を小さくね」とやんわり注意をすればいいと思います。

だって夏休みですよ?
夏休みの子供向け映画は子どもたちのものです。

子ナシの大人たちへ

「インサイドヘッド」を観ているあいだ、ずっと気になっていたこと。

「これ、子どもが観て理解できるのかしら?」
「子どもが観ても楽しめるのかしら?」

並びに座っていた男の子(幼稚園児)の反応でわかりました。ああ、理解していないな、と。
でも楽しんではいるようだ、と。

ありがとう!よそんちの子供よ。

私たち、子ナシの大人は、多少の子供のお喋りには寛大でいましょう。
もう一度言う。
夏休みの子供向け映画は子どもたちのものです。
私たち大人はそこにお邪魔している立場なのです。

子供が騒ぐのがどうしても我慢ならない!という、きっと誰にも迷惑をかけない子供時代を過ごしたであろう大人は、夜の時間帯に観に行きましょう。

イオンシネマは安くてオススメ!

以前のイオンシネマは「ネット予約に手数料がかかる」という、どうにも時代錯誤なダメダメっぷりでしたが、最近は「ネット予約手数料無料」(当たり前じゃ)になった上に、毎週月曜日は1,100円とオトクに鑑賞できます。

その他にも、オトクな日や曜日や時間帯が細かく設定されているので、「子供連れで大勢でいくのでチケット代がバカにならない人」「映画をたくさん観る人」は要チェックです。

c

(参考:イオンシネマ 料金・割引

茅ヶ崎のイオンシネマは、わりと廃れた感じのイオンの中にあり、映画館も廃れているのでは?という疑念から、一度も行ったことがありませんでしたが、茅ヶ崎在住の有名ブロガーであり、松竹の映画ライターでもある「りゅうさん」に、「元々ワーナー系だから、映画館の設備も悪くないよ」と教えてもらい、先日初めて来館。

確かに、音響も良くて楽しめました。これならわざわざ辻堂のテラスモールまで行かなくてもいいわ。

りゅうさん、ありがとう!映画はりゅうさんの映画評を観てから行くことにします。ハズしたくないので!
(りゅうさんのブログ:CLOCK LIFE

 

夏休みは、まだまだ始まったばかり!
お父さん、お母さん、がんばって!

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら