攻撃力の高さは後天的なものです

2

イヤと言えない大人しい女の子でした

小学校に入学したときのはなし。

隣の席の男の子が、ふざけて私の筆箱や消しゴムにイタズラをした。
陰湿なイジメというよりは、たぶん仲良くするやり方がわからなかったんだと思う。
ちょっとチョッカイを出したという感じ。
気持ちは十分わかる。そのくらい6歳の私は可愛かった。

ただ、これまでそんな酷い目に遭ったことが無かった私は、大いにショックを受けた。
キティちゃんの頬に切り込みを入れられた筆箱と、真っ二つにされたキティちゃんの消しゴムを母親に見せて、泣きながら訴えた。

「こんなことされた~!うわ~ん!」

ウチの母は怒った。

猛烈に怒った。

わたしを。

母による人格改造

母は容赦なかった。

「で?あんたは何て言ってやり返したの?」

「親に買ってもらった大事なものを、こんな粗末に扱われて、やり返さないとはどういうこと?」

「明日、学校に行ったらやり返しなさい。二度とこんなことされないように、脅かしてやりなさい。」

気弱だったわたしに「やり返す」なんて無理だ。

だが、母は追及の手を緩めない。

毎日、学校から帰ってくると聞いてきた。

「言った?今日こそ言ってやった?」

「なんで言わないの。《あんたのことウチのママに話したら、好きだからやるんだって言ってた!》そう言ってやればいいのよ。」

毎日毎日、学校から帰ってくると、やり返したかどうか聞かれるのがプレッシャーだった。

グズグズしている娘に痺れを切らした母が取った行動

当人に自分で言ったのかどうかは記憶に無い。

ひとつ憶えているのは、授業参観のときに母親が男の子に近付き、なにか耳打ちしていた光景。
怒るのではなく満面の笑みで。何を言ったのかは知らない。

その日から、彼のやり過ぎなイタズラはピタっと止まった。
6歳のわたしは学んだ。

【やり返したら、嫌なことは・・・止まる】

6歳にしてそのことに気付き、母の教えを胸に生きてきて、殺傷能力の高い人間が出来上がった。

そうなんです。わたしの攻撃力の高さは生まれつきじゃないんです。
後天性です。だいぶ早い段階で身に付けてしまいましたが。。。

わたしは、このときの母親を尊敬している。

メソメソ泣いているヒマがあったら、やり返せ。

親になんとかしてもらおうなんて甘い。

自分で戦え。

ありがとう、ママ。

子供のいないわたしには、同じように教える相手がいない。
攻撃力の高さを存分に活かせたことも無い。

いつの日か、母の教えを、この能力を活かせる仕事をしたいと思う。

お母さん、とんでもないことしてくれたね、、、
と思ったあなたはフォローをよろしくね!
( `ー´)ノ

 

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら