酔っぱらって介抱される女は最悪です

4

酒呑みな母による英才教育

ホントに毎日飲んでいて、いつ飲まない日を作ればいいのかわからない。

国に休肝日を制定してほしいと思う
昔はこんなんじゃなかったのに。蛙の子は蛙。
ウチの母もまた、酒呑みだ。

幼稚園くらいの頃から、お正月になると「少しだけね」と言って飲まされていた。

親に口酸っぱく言われていたのは「己の適量を知れ」ということ。

「酔っぱらって、正体失くして介抱されている女の人ほど、みっともないものはない」

母の教育のおかげか、介抱されたことは一度もない。

どんなに酔っていても冷静な自分がいる

お酒は好きだけど、酒量は多くなく、強いほうでもないので、電車に乗ると酔いがまわり、かなり高い確率で具合が悪くなる。

が、車内で粗相したことはかろうじて無い。(ホントにかろうじて)

発車直前の終電電車を飛び下りて、駅前のホテルに泊まったこともある。

ぐでんぐでんに酔っているくせに、ギリギリのところで正しい判断ができる自分を誉めてあげたい。

「ぜったいに人前で粗相をしてはいけない」

「介抱されてはいけない」

母にしつこいくらいに言われた言葉が効いている。

河川敷のBBQ会場で見かけた泥酔女子

いつだったか、学生が多くあつまるバーベキュー場で、真昼間から正体を失くしている娘さんを見た。

そんな彼女を介抱しつつ、ニヤニヤした顔で取り囲む、酒に酔った男子学生たち。

昼間で周りに人もたくさんいるから、おかしなことは起こらないだろうけれど、それでも醜悪な様だった。

なるほど。母の言いたかったことは、こういうことか。
わたしがこの娘さんの親だったら、ブン殴って連れて帰る。

わたしのこのブログは、40女向けに書いているにもかかわらず、
20~30代女子が多く読んでくださっている。

娘さんたちよ。
まだまだ新年会シーズンは続きますが、飲み方には充分気を付けましょう。

私も飲み過ぎに気を付けます( `ー´)ノ

 

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら