職を転々としていた30代女子のはなし

gf01a201503110100

不満だらけだった彼女

以前、同じ会社だった30代女子。

Facebookで繋がっているだけで、もうしばらく会っていない。

何度か仕事を変えたようだけれど、Facebookにはいつも職場の不満を書き込んでいた。

いくつ職を変えても、彼女自身の考え方(承認欲求と他責傾向強し)が変わらない限り、

どこに行っても不平不満を漏らし続けるのではないかと思いつつ、その様子を眺めていた。

が、違った。

いま、彼女は活き活きしている。

 

質の良い忙しいを目指したい

派遣で働いていた前の会社をわずか1ヶ月で辞めたあと、ご縁があり、彼女の人生で初めて「趣味として好きな業界」での仕事が決まった。

最近の彼女の書き込み。

「今までにないぐらい、自分の発想や想像や妄想を刺激し合える環境なのと、個々のポテンシャルが高いのですごく勉強になります」

「質の良い【忙しい】を目指したい」

うーむ。痺れました。

私の彼女に対する批判は見当違いだった。
ずいぶんと偉そうで、ありきたりな考えだった自分を恥じる。

質の良い忙しさを得るためには、どこで泳ぐのかが重要。
淡水魚は海水では生きていけない。逆もまた然り。

無駄な我慢などすることなく、「自分自身が感じる居心地の良さ」にこだわり、職を転々とした彼女を、いまは尊敬している。

Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら