ショックと心労で生理が半年止まったときのはなし

37554899_423x636

※前回の話はこちら 同僚が亡くなったときのこと

前の週に亡くなっていた

亡くなった彼女は、前の週の金曜に代休を取っていた。

そして、その日に死んだ。自宅マンションで練炭自殺。

朝礼のあった月曜のうちに駆け付けていたとしても、到底、間に合わなかった。
遺書は無く、会社のPCメールはすべて消去され、携帯はロックがかかり開けなかった。

私が赴任していた福岡は、亡くなった彼女が元々責任者を務めていた、彼女のご実家がある場所だった。
ご遺族の対応、クライアント対応、スタッフ対応。

様々な立場の人の、驚きと哀しみと、ぶつけようのない怒りの感情を受け止めることはしんどく、このときからきっかり半年間、生理が止まった。

 

当時、私が勤めていた会社は創業したばかりで、とにかく売り上げを作るために私も同僚Aも必死で働いた。

丸々1か月休んでいないなんてことはザラで、正月休みも返上して働いた。
誰に言われるでもなく、命じられるでもなく、自分たちの意思で。

同僚Aは、残業中の深夜、銭婆(千と千尋の)のように電卓を叩いては、売り上げを眺めてニヤニヤしていた。
そんなモチベーションが、自分たち以外のみんなにもあるものだと思い込んでいた。

良かれと思って決めたことが最悪の結果に

亡くなった彼女を、私たちが立ち上げた仙台オフィスに後任として赴任させることを提案したのは同僚Aだった。

普段は他人に冷たい同僚Aが、なぜかこのとき「彼女のことを一番に考えるべき」と主張した。
仙台に赴任した場合、札幌にいるマネージャーが彼女のフォローにまわれる。
彼女ひとりで目標数字を抱え、苦しむことがなくなる。
ただ、そのためには、同僚Aも私も、見知らぬ土地で、今度はひとりでイチから頑張る必要があった。
私は東京から福岡へ。同僚Aは仙台に夫を残して単身金沢へ。

迷ったけれど、全体最適を考えて、ベストな選択はそれしかない。そう思えた。

だけど、そこに亡くなった彼女の意思はない。

私たちの考え得る【彼女にとっての最良の選択】なのだけれど、彼女の意思は聞いていない。聞く必要などないと思っていた。

私たちは新天地で、彼女以上の苦労を強いられるのだから。
異動を受け入れるのは当然のことで、断るなどあり得ない。
だって私たちは創業メンバーなのだし。
苦労するのは百も承知でメンバーに加わったはずだ。
エリアの責任者として、一緒に入ったほかのみんなよりも高い給料をもらっている。

直接言わなかったけれど、そんなふうに思っていた。

仙台で死に物狂いで働いて売り上げを作ってきたという自意識が、私たちを傲慢にした。

良かれと思って決めたことが、最悪の結果を招いた。

人に厳しすぎるがゆえに人を追いつめる

先日、久しぶりに同僚Aと飲んだときに、初めてこんな会話になった。

「私たちは、他人に厳しすぎる。人に求めすぎてしまう。」

言葉で彼女を叱責していたのは、社長や彼女の上司だったけれど、私たちの、言葉には出さない「当たり前でしょ」というプレッシャーは、彼女を追いつめていただろう。

たまに本社会議で会ったときは、気晴らしの買い物に誘ったりして労らっていたけれど、彼女に必要だったのは、そんな一時しのぎの優しさではなく、逃げられる場所だった。

弱音を吐ける場所。もう限界だと言える場所。

私たちは、無言の正論で彼女を追いつめてしまった。

(続きます)

鬱々としていたときに差し出された手を掴んだら、生活が180度変わったはなし

 「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/