仏頂面だと幸せ逃すよ!アメリカ人のフレンドリーな性格を見習うべし

gf01a201503011700

なにがそんなに不快なのか?

隣人も不愛想だが、お隣に駐車しているおばさんも不愛想だ。

昨日、挨拶をしたら頷かれただけ。
なに、その頷き、意味わからん。

ウチの黒猫が、たまにお宅の車のボンネットの上に乗っかって昼寝しているからかしら?
オホホホホ、ごめんなさいね~。

さらに反対隣に駐車している男に至っては、よほど車が大事らしく、ウチの車(エスティマ)が自分の車(これまたエスティマ)にぶつかっていないか、キズを付けられていないか、チェックを怠らない。

そんなに大事なら、ちゃんと屋根付き駐車場を借りて、乗らずに永遠にしまっておけ。

・・・車趣味の男が嫌いです、昔から。車なんて、傷ついてなんぼだと思います。

アメリカ人の愛想の良さを見習いたい

さて、アメリカ(サンフランシスコ近郊)旅行中のはなし。

彼らの愛想の良さといったらハンパない。
普通に街を歩く人たちの愛想の良さ。下手すると店の従業員よりも愛想が良い。

目があえば必ずニッコリ。
たぶん私が外国人だから、かなり高い確率で「ハ~イ」と声を掛けられる。

ステイ先の家主に聞いてみた。
なんでみんなこんなに愛想がいいの?目が合うとニッコリするの?全員、観光協会の人たちなの?

「満たされているからよ」

ホントか?
じゃあ、ウチの近所の人たちは満たされていないのかしら?
・・・そうかもね。

こんなに海が近くてご機嫌な街なのに。残念だ。

ご近所と顔を合わせたら挨拶してみましょう。
見ず知らずの人でも、目が合ったらニッコリ微笑んでみましょう。
結構、気分いいよ。

「顔をあわせればちゃんと挨拶する人だったのに、まさかこんな事件を起こすなんて・・・」と言ってもらうためにも挨拶は大事です!

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら