「なにがきっかけで会社を辞める決心がついたの?」と、よく聞かれるので答えます

gf01a201503270700

会社を辞めてから、いちばん聞かれる質問。

「仕事つまんな~い」発言は、入社当時からしていたので、なんでいまここにきて辞める決意ができたのか?ということだと思います。

もう少し巻き戻すと、去年の今頃、上司に何度も聞かれました。(退職の意思を伝える前のこと)

「どうしてそんなふうに様子が変わったの?明るく、前向きになったの?」

それまでの私は、面談の場でも不平不満を口にし、職場でも露骨に態度に表していたので、去年の5月頃から急にご機嫌になり出した私を上司は歓迎し、でもその豹変ぶりに驚いたようでした。

理由は大きく2つ

1.社会や周りの環境に不平不満を漏らす友人を見て、「他人のせいにしていると、まったく前進しないんだな~」と理解したこと。

自分を見ているようで、アイタタタタと己の痛さを思い知らされた。

2.3人の魔女(みたいな人)に出会ったこと。

一人目の魔女は30代半ばの派遣社員さん

私よりずっと年下なのに、私と同レベルの観察力と、私が持ち合わせていないズル賢さ、腹黒さ、それらを駆使した立ち回りの巧みさ、人生達観した発言に感銘を受けた。
日頃、社内で見ているもの、感じている事柄は同じなので、彼女と比べて自分の思考がいかに稚拙かを思い知らされる。

2人目の魔女はヒーラーさん

2013年の暮れに、よくわからぬまま、騙されるように(?)施術に連れて行かれ、頭からビリビリするものを感じ、次第に心身が温かくなり、ボロボロ泣き始める、、、という不思議体験をした。

最後の魔女は、茅ヶ崎のヨガの先生

今も毎週、心のありようについて教わり中。

スピリチュアルの効果

2人目のヒーラーさんについて、説明するのはものすごく難しい。

いわゆるスピリチュアル・ヒーリングの世界について、私には知識が無く、体系立てて、理論立てて説明することができない。
感じたままにしか説明ができない。
感じたままの説明=説得力が無く、あいまいで、妄信的だ。

でも、あえて誤解を恐れず、感じたままに説明をすると、前後含めて、私に起きたことはこんな感じ。

2013年10月に2つ目の円形脱毛症が見つかる

美容師さんに遠慮がちに言われる。

「違うかもしれないけれど、、、頭頂部にも小さいのができている・・・かも」
声にならない声で悲鳴をあげる。

2013年12月暮れにヒーリングの施術を受ける

ストレッチかマッサージ?と思って連れて行かれた先は、ヒーラーさんのところだった。

うわー怪しくて面白い!と興味津々で室内に入る。
入室後すぐに、妙に落ち着く、居心地の良い部屋であることに気付く。
連れて行ってくれた人の施術を隣で見学。ふんふん、私も同じことをされるのか。
施術を受けて、ビリビリ感と包まれるような温かさを感じ、大泣きする。
「ここまで反応早い人も珍しいね~」と言われる。

2014年3月は絶不調

心身ともに絶不調。

会社も仕事も人間関係も、すべてが嫌で鬱々とした日々。
当然、周囲との軋轢も増えていく。

2014年5月GWが明けた頃

すべては自分の思考癖の問題であると、最寄駅でバスを待っているときに、突然、気付く。

一人目の派遣さんの存在が大きいが、二人目のヒーラーさんによる施術で「圧倒的な肯定感」に包まれた経験も大きい。
会社を辞める準備をしよう。海の見える気持ちの良いところへ引っ越そうと、茅ヶ崎への転居を決める。

2014年6月~川崎から茅ヶ崎に引っ越し

週1ペースで魔女先生のヨガに通い出す。

通い始めた頃は、「心のありよう」の話がかったるくて、「さっさとヨガを始めてくれよ~」と思っていたが、通っているうちに、先生の話に引き込まれる。
心のありように沿って生きるとはどういうことか?を今も教わり中。

これまた「感じるまま」の説明なのだけれど、3月の絶不調はヒーリングによる影響じゃないかと。
圧倒的肯定感に包まれて、私は正しいのだと思い込んでいたのに、周囲が正しいと言ってくれないことへの不満。思いどおりにならない不満。
今思えば、通るべき、必要な絶不調だった。

*******************

先週のヨガ教室での魔女先生の教えはこうだ。

「私たちは十分に与えられています。命を与えられ、衣食住を与えられ、もう十分に与えられているけれど、それでもまだ欲しいものがあり、それは欲求です。」

「愚かな人は、ヒトやモノを介して欲求を満たそうとしますが、それは「欲求」ではなく「欲情」です。自分の真の欲求が分からず、あらゆることに手を出し、彷徨っている状態です。」

*******************

ゴールデンウィーク中、「意識高い系」の友人たちが、あらゆるものに手を出し、その経験をFacebookにアップしているのを見て感じた違和感。
ああ、そういうことなのか、、、と納得。

たぶん、やるべきは「気になること」にやみくもに手を出すのではなく、己を見つめること。勇気がいるけれど。

「すっごく当たるよ!」という占いには平気で1万円出すのに、ヒーリングなどのスピリチュアル系を「怪しいもの」と決めつけるのは、もったいない。効果が出るか出ないかは、当人次第だけれどね。

生き彷徨っているひと、Facebookでのリア充アピールが激しいひと、そして未知のものを「怪しいと決めつけないフラットな心の持ち主」にオススメです。
スピリチュアル・ヒーリング体験。

ああ、さとちゃん、ワタシに向けて書いているんだな~(あのヤロウ・・・)と、心当たりのある方はご連絡ください。
私がお世話になった、信頼できるヒーラーさんをご紹介します。

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら