【無職ブログ】無職を続けるのに必要な能力について教えよう

lgf01a201406071200

正確には42歳ですけど(わたし)。

無職になってからよく聞かれる鬱陶しい質問ふたつ

①「どうやって生活してるの?」

回答)愛人手当もらってます

②「毎日なにやってるの?」

回答)猫を愛でてます

IMG_1737

まともに答えるのも面倒なので、この4カ月間、このように煙に巻いてきましたが、先日「そろそろ無職歴1年半」という、この道(無職道)の先輩に出会い、私も彼に対してまったく同じ質問をしてしまいました。

「どうやって生活しているの?」「毎日なにやってるの?」

そうか。
みんな自分の知らない世界に興味があるのか。

いや、ちがう。
なぜ働かずに生活が成り立つのか?不安にならないのか?先々のことをちゃんと考えているのか?

大きなお世話だけれど、そこが気になるんだ。
本気で心配しているわけではなく、単なる興味で。自分には考えられない生き方なので。

なるほどね~と、質問する側の心理を理解する。

でも、誰でもが無職になれる(平気で無職でいられる)ってわけでもないんですよ。

40代無職に求められる能力について。

無職の先輩に言われて響いた言葉

先日先輩にこんなことを言われました。

「さとちゃんの無職生活なんて、たったの4カ月でしょ?ぜんぜんまだまだ、これからだよ」

何がまだまだなのか?甘ちゃんってことですかね。先輩さすがっす。
わたしまだ失業保険ももらっていませんが、正直ちょっとビビってました。
先輩の胆力すごいっすね(尊敬)。

さらにこんなことも。

「なんとかやっていけるうちは働かなくていいじゃん。いよいよヤバくなったら稼ぎに行けばいいんだからさ。」

なんか、働きに行かなくちゃいけないんじゃないかって、ちょっと思い始めていたところでした。先輩の仰るとおりです。ギリギリまで踏ん張ります。

我々、扶養家族ナシの身ですから。
私も自分の面倒+猫缶買えるだけの収入があればOKなのです。

なのになんであんなにしゃかりきに働いていたのだろう。はて?

きっと「毎日働きに行かないと不安病」にかかっていたのだと思います。

神様がくれたお休み

同年代の先輩に「古っ」と言われてしまったけれど、ロンバケ瀬名(キムタク)が婚約破棄されてしまった南(山口智子)に言うセリフ。

「俺さ、いつもいつも走ることないと思うんだよね。・・・・ ほら、あるじゃん、何やってもうまくいかない時。 何やってもダメな時って、ね。
そういう時は、なんて言うのかなあ、言い方変だけど、神様がくれた お休みだと思ってさ、無理して走らない、焦らない、頑張らない。
・・・・自然に身をゆだねる。」

私に至っては、社会人になってから、すでに3度目の「神様がくれたお休み」な気もするけれど、フル回転で働いたあとには長い休みが必要だ。

(参考:私の職歴と恋愛遍歴プロフィール

私たちは、勤続ウン十年の働くお父さんになる必要はないのだから。

別にバカンスに行くでもなく、贅沢をするわけでもなく。
庭で野菜を育ててみたり、糠床のお世話をしてみたり、毎日きちんと食事を作ってみたり。

・・・たまに近所のビーチで昼間から飲んでみたり。

IMG_6004

働いていたときには実現できなかった【丁寧でのんびりした暮らし】を実践しつつ、自分が次に進むべき道をじっくり探る時間が必要だ。

もうひとりの「先を進む先輩」の言葉

一年前に、長年勤めた会社でリストラに遭い、失業保険をもらいつつ就職活動をし、地元に帰って再就職をした友人。
大学卒業から40代になるまで、およそ20年間続いた【都内OLひとり暮らし】を半年前に卒業した。

そんな彼女が最近吐露した言葉。

「時に悶々と、時に淡々と、時に熱々と、模索し続けましたが、これからやりたいことが少しずつ見えてきました」

決して心中穏やかなときばかりでは無かったであろうことが、感じられる彼女の言葉。
目をそらさず、ちゃんと自分と向き合ってきたのだなあと思う。

結論

「神様にお休みをもらえる能力&条件」とは。

①働かなくても暮らしていけるだけの貯蓄、 もしくは愛人手当を貰えるだけの女子力or女に養ってもらえるだけのヒモ力

②扶養家族なし

③外野のヤジを軽く交わす能力

④不安に陥らず、ケセラセラと笑い飛ばす胆力

 

カゴの中のハムスターのように、カラカラカラカラと回転を止められないでいる人は、一度思いきって立ち止まってみたほうがいい。
得体の知れない恐怖の正体を突き止めてみたらいい。

思考停止状態で回し車をカラカラ回し続けていると、いつのまにか本来自分が進みたかったものとは違う方向へと、もはや後戻りできないところまで進んでしまうかも。

無職生活、オススメです(^^)/

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら