独立起業している「産めたかもしれない男子」が痺れるくらいに優秀な件

son

産めたかもしれない男子とは

「産めたかもしれない男子」=「うんと若い男子」を指しています。

40歳を過ぎたあたりから、若い男子と知り合う機会があると、条件反射的に発する言葉。

「産めてたわ~」「余裕で産めてたわ~」

さて、世の中の男性は自分を軸にざっくり3つに分けられます。

1.自分より若い

2.自分と同世代

3.自分より年上

今日はどの年代の男性が最もリスペクトできる存在か?という話ですのよ。

黒猫
今日もムダに敵を作りそうな気がするニャー
さとちゃん
むふふ 

 

イヤイヤリーマンが多い30代後半〜40代男性の特徴

私の周りにいるこの世代の男性の特徴。

・いやいやサラリーマンをやっている

・独立する(リスクを取る)勇気はない

・リスクを取りに行く女に嫉妬する(ビビリな自分への劣等感ゆえ)

・理屈をこね回すのが三度の飯より大好き!

・仕事では達成感を得られないので趣味に生きている

ちなみに私が最も苦手なのがこの世代。
まあ、絡まれる、絡まれる。
彼らの思考癖を知らなかったときは、なぜ目の敵にされるのかまったく理解できなかったけれど、いまなら分かる。

リスクをリスクと感じず、自由奔放に振る舞っている(ように見える)女への嫉妬。

邪魔くさいので、私には近付かないでいただきたい。

過去の栄光に生きる50代男性の特徴

私の周りにいるこの世代の男性の特徴。

・過去の栄光にすがって生きている

・20年も前の仕事のことを、まるで現在進行中かのように、鮮やかに語る

・ビッグマウス多し

・要は自己見積もりが高すぎるっちゅうことです

・過去の己の実績は「時代がバブルだったから」といい加減気付いてきてるので、自分に自信がない

・自信のなさを取り繕うため、やたらと話が長い。結論にたどり着くまでに30分はかかる。30分待って出てきた答えも曖昧模糊。もっこもこ!

・若いときは仕事に夢中で(仕事ができたわけではなく、バブルだったので派手な仕事がたくさんあった)女遊びをせずに結婚したため、不倫願望が強い

黒猫
会話の中にやたら電博とかテレビ局を出してくる世代だニャー
さとちゃん
そうそう、加齢臭よりバブル臭がプンプンする世代ね! 

私は「不倫恋愛に理解のある人」と思わているせいか、50代のジジイにわりとモテます。

が、しかし。
ジジイの話は「長い」「理屈っぽい」「オチが無い」の3重苦でかったるいので、無料で会話をする気にはなりません。

飲み屋などで気安く話しかけてくるジジイがいても、口を真一文字にして一切喋りません。
オマエにタダで振りまく愛想など持ち合わせておらんわ!

このジジイ受けスキルを活かして、スナック経営をしたいです。
既存店を譲ってくれそうな(現ママが高齢で引退するような)お店があればご紹介ください。

独立起業している20代男性の特徴

私の周りにいるこの世代の男性の特徴。

・話が簡潔で分かりやすい(50代バブルに会話の仕方を教えてやってくれ)

・どんな質問を投げても明確な答えがすぐに返ってくる、会話のキャッチボールが剛速球

・誰かの受け売りではない、自分の経験に基づく答えを持っている

・唸らされる意見が多く、ちょっとメモするから待って待って、、、という場面が多々あり

・何を食べて育ったら、それほどまでの聡明さを持ちうるのか?と嫉妬を覚える

・リスクテイカー多し。たまに監禁されちゃったりも。

ということなんですわ。
これから自分がやりたい事業について彼らに相談すると、まあ目から鱗がバッサバサなわけです。
悔しさのあまり舌打ちしたい気持ちを抑えつつ、ただただ頭を下げて、彼らのご意見を拝聴し、メモしています。
いつもありがとうございます。

あなたのブレーンになり得る男性とは

失礼など、百どころか千も一万も承知の上で、私の周りにいる男性を別の角度から振り分け。

A:使えねー

B:部分的に使える

C:嫉妬するレベルに優秀、お近付きになりたい

Cに入る男性は、ほぼ全員20代〜30代前半。
これはどういうことなのだろうか。誰か解明してください。

先日のブログセミナー兼オフ会で初対面を果たした男性。お二人ともCに入る。

憎いマツケン

やり手のM氏(27歳)

逆算すると15歳で産めた。15の春なら産めてた。

やり手M氏のブログはこちら 「姫リクBlog」

さとちゃん
一気にPV引き離されて、もう背中も見えない。憎い。この男が心底憎い・・・

 

聡明なYさん

聡明なY氏(23歳)

19歳で産めた。ヤンママだったら産んでた。

聡明ヤングマンY氏のブログ
「コピーライター流 ヒットするビジネスの作り方・売り出し方 Attract」

さとちゃん
なんで身体斜めにして可愛い子ぶってんの?くらいしかツッコミどころが無い・・・
私が想像する、私のリアルな友達が言いそうなこと。

え~?ブログ読んでも出来るっぷりが分からないんだけど~どのへんがすごいの?

そういうあなたは、いま、自分で本気で取り組んでいることがあるんだっけ?
同じステージに上がって来て、それでも分からないというならば、彼らの何が素晴らしいのかを、懇切丁寧に解説してあよう。

自分より遥か年下だからといって、彼らを見下していませんか?
やつら、侮れません。
なぜかみんな眉毛が細いけど、相当、出来る男です。

逆に、自分より年上で実績があるからといって、やみくもに期待していませんか?
無駄にリスペクトしていませんか?

やつらは出来る風味を醸し出すのが巧みなだけです。
蟹じゃなくてカニカマです。ちっとも使えません。

人は年齢や見た目で判断すべきではないと、いまさらながらにしみじみ思う。
あなたの身近にも「痺れるほど優秀な20代」がいるかもしれない。
彼らはあなたにとって、ブレーンとなる心強い存在です。探してみよう!

黒猫
またいろいろ敵に回したニャー
さとちゃん
炎上カモン! 

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら