先生だからといって平等にみんなことが好きなわけではありません

lgf01a201410191900

鈴木先生の唐突な発言に泣いた生徒

前にも書いた、鈴木先生のはなし。
ある日突然、何を思ったか鈴木先生がこんなことを言い出した。

「先生にも好き嫌いはあります。人間ですから。

好きな生徒もいれば嫌いな生徒もいる。

好きな父兄もいれば、嫌いな父兄もいます。」

この発言を受けて、ひとりの女の子が「ワーン」と声をあげて泣き出した。

母親がなにかと鈴木先生にクレームをつけてくる人だったので、間違いなく自分の親は嫌われていると思ったのだろう。

そのとき、先生が彼女になんと声をかけたかは覚えていない。

ただ、子供心に「わざわざそんなこと言わなくても、、、」と思った記憶はある。

鈴木先生の席替えは強烈だった

男女隣同士で座る席の、自分が希望する相方(男子は女子、女子は男子)を手を挙げて指名しなければならない。

指名された相手がOKをすれば、男女ペア成立。

早いもの勝ち。

成立したペアから好きな場所に座れる。

男子と仲良しの女子から売れていく。
私はこの頃、男子の友達が多くて男子にとっての「指名しやすい女子」だったので、すぐに売れた。

これ、ちょっと想像してみてほしい。どんな修羅場なのかを。

えー?そんなのヤダー!と最初は大騒ぎする子供たち。
うるさい!黙れ!ガキどもめ!と、ニヤニヤしながら一喝する鈴木先生(注:一応、女性です)。

そのうち、勇気ある男子が女子を指名し始め、周りがヒューヒューと囃し立てる。

そんな、緊張感はあるものの、大盛り上がりの序盤戦。

が、しかし。

いつまでたっても指名されない大半の生徒は焦り始める。

もはや、人のことを囃し立てている場合じゃない。

小学三年生が人生で初めて感じる焦燥感。

「私、指名するからOKしてね」
クラス中のあちこちで駆け引きが始まる。

それでもなかなか決まらない生徒。あぶれる生徒。
見事なまでに描かれていくスクールカースト。
かなりエグイ光景だ。

この世は平等ではないと教わった

子供だったので頭で理解はしていない。

ただ、先生のあまりにエグイやり方を体験して、身をもって感じたのは、この世は平等ではないということ。
好かれる人もいれば、嫌われる人もいる。
人気のある人もいれば、不人気の人もいる。

日頃、「あいつ気持ち悪い~」とおとなしい男子をからかっている意地悪な女子が、誰からも指名されず、「気持ち悪い」とこき下ろしている男子とペアにならざるを得ない屈辱。というか現実。

そんなものを小学三年生で目の当たりにした。

こんなこといまやったら大問題なのかもしれないけれど、世知辛いこれからの世の中を生き抜かねばならない、いまの子供たちにこそ、こんな先生が必要なんじゃないかと思う。

手をつないで、みんなで一緒に徒競走のゴールテープを切るようないまの子供たち。
お遊戯会で、猿とキジと鳥がそれぞれ3匹くらい出てくるような鬼ヶ島を演じている子供たちに。
世の中は平等ではないし、自分で解決しなくちゃいけないことも山ほどあるんだよ、と教えてあげたい。

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら