彼の実家で暮らしたかった

lgf01a201412312200

仙台で同棲していた彼の実家は、素敵など田舎でした

限りなく青森寄りの岩手県。

彼の実家から見える目の前の山々は、「マンガ日本昔話」のオープニングのようで、そのうちスーっと龍が泳いできても不思議じゃないな、と思えた。

夜、寝るときに聴こえてくる音は川の水の音?と思ったら、カエルの大合唱。

散歩ついでに汲んできた湧き水で淹れたコーヒーが、ものすごく美味しかったり。

自分たちで食べる分だけ作っているお米が、これまた美味しく。

星って見え過ぎると塵の集合体で、あんまりキレイじゃないんだなと知った。
キレイに見えないほどの、満天の星。

いちばん驚いたのはα派の威力

でも、なににいちばん驚いたかというと、常に眠たかったということだ。

車の中でも彼の実家でも。

強いα波に包まれて、しょっちゅう睡魔に襲われた。

疲れていたわけじゃない。

ただただ居心地が良くて、山々に包まれて守られている安心感があって、眠たかった。

ここで、子供を産んで育てる暮らしはいいな、と思った。

「北の国から」が大好きで、当時、鉄腕DASHを欠かさず見ていた、田舎暮らしに憧れていた私。

生まれ育った人のリアル

しかし、そこで生まれ育った彼は違った。
「北の国から」も嫌いだと。なぜならリアル過ぎるから。

田舎の現実を知らないで憧れているだけだよ。
田舎で仕事が無いというのがどういうことか。

近所に自殺者がどれほどいるか。
田植えでどれだけ腰が痛くなるか。

あなたは何も知らないで憧れてるだけだよ。

バッサリそう言われた。

そんな彼は、仙台に家を建てて暮らすことを望んでいた。
住宅が立ち並ぶ街の一軒家で、近くにジャスコがあって、買い物に不便しない街。

それはまさに私の実家で(時代的にジャスコじゃなくてダイエーだけどね)、私はそんなところに住むのはつまらないと思っていた。

価値観の相違

お互いがお互いの子供時代を「いいな~」と羨ましがっていた。

彼と結婚できず後悔しているのは、あの最高に気持ちのいい田舎町を、自分の故郷にできなかったことだ。

あの素晴らしく癒される場所で、子どもを産み、育ててみたかった。

まだ、田舎暮らしの野望は捨てていない。

実家に帰る前提の、五島列島あたりの男性と仲良くなりたい。

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら