近所のシンママが主人を狙っています!!

lgf01a201305101400

シンママってなんだ?

友人が「シンママ」というワードを使っていて、耳慣れない言葉だったので反応したら、「小町によく出てくるよ」と。

おお、小町。あの小町か

久しぶりに覗いてみると、あったあった。

「近所のシンママが主人を狙っています。」

なんなの、この引きの強いトビタイトル。

悔しいけれど、押さずにはいられない。

勉強になります。

これは釣りなのか?それとも本気で書いている人がいるのか?

女のドス黒さ爆発の書き込みが面白い

内容はタイトルのまんまなんだけど、レスがこれまたすごい。

「よその旦那狙うシンママ多すぎ!なりふりかまわないって感じだね。」

そうなの?

シンママはみんなヨソの旦那を狙っているの?

気を付けなくっちゃ!(旦那いないけど)

「とにかく彼女とのつきあいは断ち切って、ご主人にも釘をさすべきです。
はっきり言っていいと思いますよ。あの人、あなたに気があるみたいだけど、絶対に個人的に番号交換とかしないでね、って。」

ほほう。旦那に釘をさす、、、と。

「旦那には「シンママ、子供の集まりに来るパパのこと狙ってるみたいでね、胸押し付けて話しかけたりするんだよ。気持ち悪いよね。」などと捏造話をし、他の男がターゲットなのだと思わせる。」

それ、旦那に嫌われないか?おい、だいじょうぶか?

小町のアドバイスは逆効果だ

このレスを真に受けて、本当に実行に移す人なんているのだろうか。
明らかに逆効果だと思うけど。

この手の相談は、同じ身の上の人(いつシンママに旦那を取られるかわからないママさん)にはしないほうがいいですね。
もっと、恋愛経験豊富な女性に相談したほうがいいと思います。
「シンママに取られない方法」じゃなくて、「旦那を自分に夢中にさせる方法」をね。

そもそも、旦那を取られるって発想が意味不明。
そんな魔法はね、この世には存在しないのですよ。
結納も結婚も銀婚式も金婚式も、儀式であって、魔法ではありません。

だって、人の心は自由なのだから!

ルルラララ~♪

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら