彼女と結婚したいと思っている男子に告ぐ 美人の彼女は嫁にするな

konkatsu

有名高校、有名大学を出て、大企業でエリートコースを歩むAさん。

最近、高級マンションを売り払い、海の近くに家も建てて、人生順風満帆じゃん!

のように、傍からは見える。そんなAさんに打ち明けられた、嫁の話。

自慢の美人の彼女を嫁さんにして、後悔しているAさん(42歳)

Aさんが家を建てる前に住んでいたのは、「勝どき」の超高級マンション。

なぜここを売り払って逗子に家を建てたのか。理由はふたつ。

①サーフィンなど休日にマリンスポーツを楽しみたいから

②勝どきの小学校には【親が店をやっている地元の子】【超高級マンションに住むエリートの子】の格差が存在。

嫁は子供たちに「友達はマンション住まいの子だけにしなさい」などと言う。こんな環境で子供を育てることに不安を感じ、逗子に家を建てたそうだ。(逗子もアッパーエリアですけどね・・・)

もちろん嫁は、都内に出るのに不便な場所に家を建てることには大反対。

だがAさんは強硬突破で家を建て、マンションを売り払ってしまった。

夫婦仲は恐ろしく冷え切っているという。そりゃそうだ!

そしてAさんは、私と一緒に話を聞いていた、未婚男子のK君に熱く語る。

「いいか、絶対に嫁を顔で選んではダメだ!!」

わはははは!笑える。

ウチの父もまた、嫁選びに失敗した人

ウチの父の「嫁選び失敗話」は、すでに散々書いてきた。

(過去記事:嫁と別れて人生やり直したいと考えている夫に伝えたいこと

そんな父の葬儀に駆け付けてくれた、Sさんご夫妻。私が最後に会ったのは小学生のときだから、実に30年ぶりの再会。

Sさんは父と同郷で、結婚する前はおカネがなくて父と一緒に住んでいたそうだ。

父より1歳下のSさんは、若いときからイケメンだったけれど、いまもグッドルッキングをキープしていて、なかなかのロマンスグレー。

その妻であるSさんの奥さんは、若いときからファニーフェイスで決して美人ではなかったけれど、60歳を過ぎたいまも年齢を感じさせず、若々しさをキープ。その人柄もあいまって可愛らしい雰囲気。

10代からの親友であった父の死を嘆き哀しみつつも、小学生の私しか知らないSさんご夫婦は、私を見るなり「いや~!さとちゃん大きくなって!って言うのもおかしいね!お互い歳を取りましたなあ~ギャハハハハ!」と、声をかけてきた。
不謹慎なくらい、底抜けに明るい。

夫婦仲も良さそう。子供の頃は子供だったので「なんでこのカッコいいおじさんが、あまり美人ではないおばさんと結婚したのだろう?(超失礼)」と疑問に思っていたけれど、30年経ったいま、考えを改めた。

「おじさんの嫁選びに間違いはなかったのだな」

Sさんのおばさんは宮城の大家族で生まれ育った、田舎の人っぽい、ホスピタリティに満ち溢れたひと。

反面、ウチの母は東京生まれの東京育ち。幼い頃に父親が女を作って家を出て行ったため、母子家庭でそれなりに苦労をしてきたクール過ぎる女。

葬儀の場で母に聞いた話によると、Sさん夫婦が結婚したとき、ウチの父母を頼って「ぜひ近所に住みたい」という申し出があったのを、ウチの母は断ったそうだ。

母曰く「そういうベッタリした関係好きじゃないから」

タイムマシンで若き日の父に会って伝えたい。

「ダメ!美人だからってだけでその女を選んじゃダメ!あなたと価値観が違いすぎるから!ぜったいに後悔するから~!」

 

結婚相手とはしっかりと【価値観合わせ】をしよう

「結婚なんて勢いだよ」「若くて何も考えていないうちだからできるんだよ」とよく言われるけれど、そんなんだから3組に1組が離婚するわけで。

子供がいなければまだいいけれど、子供ができた場合、親権争いだの慰謝料だのと相当な消耗戦を繰り広げなければならない。

なにより巻き込まれる子供が不幸だ。親が離婚して小躍りする子供など、この世には存在しない。

意識合わせをしたって、歳を取るにつれ相手の価値観は変わるもの。

それを考えれば、価値観あわせは十分にやっておいてやり過ぎるということはない。

共働きがいい?
専業主婦になりたい?
子供は何人ほしい?
もしも子供を授かれなかったら不妊治療する?それとも里親制度を利用する?
年老いた親の面倒はどうする?
住む場所は都会と田舎とどちらがいい?
将来仕事で独立しても構わない?

などなど。

それでも月日が流れ、相手と価値観がズレてきたとき、双方歩み寄り、あいだを取って互いが納得するところに着地させる必要が出てくる。

そういった冷静な判断ができる、感情的にならない、思いつきでモノを言わない、論理的思考の持ち主の賢い女を嫁にすべき。

グッドルッキングなだけの女性より、性格美人で賢い女性を選んだほうが、間違いなく、結婚後のあなた自身のQOL(クオリティオブライフ)が上がります。

ちなみに私の住む茅ヶ崎は、若い頃(もちろん今も)散々美女たちにモテたであろうに、美女には見向きもせず(?)「賢い嫁選びをして幸せになった男=桑田佳祐様」生誕の地です。

でも、茅ヶ崎に住んだからといって、その幸せにあやかれるわけではありません。

茅ヶ崎の「サザンカンフォート」に貼られている、お二人の仲睦まじげなポートレートを眺めながら、幸せな結婚って?間違いのない嫁選びってなんだろう?と思いを巡らすのもいいかもしれません。

 

以上「結婚を後悔している夫」からやたらと相談を受ける、さとちゃんがお届けしました。

これを読んでくれている未婚男子のあなたが、彼らと同じ轍を踏みませんように。

さあ、相手選びの注意点がわかったところでこちらに登録してみよう。
高額な入会金が必要な結婚相談所よりも、遥かに出会いの確率が高いのでオススメです。
Facebookで恋活・婚活【pairs】

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

Facebookページはこちら