仕事がつまらないあなたへ:辞められないのは打ち出の小槌を手放すのが怖いから

02

周りにモヤモヤしている友人がたくさんいる。
みなさん名の知れた大企業勤務。
30~40代独身男女。
未婚の子なしでも、大企業に勤めていればいるほど、なかなか会社を辞められない。

一度手にした小槌はなかなか手放せない

どんなに仕事がつまらなくても。

この先、出世や給与アップや自分自身の成長が見込めなくても。

社畜のごとく働かされていても。

イヤでも退屈でも、週5日通えば、ちゃんとそれなりの給料が振り込まれる。

一度手にした金色の打ち出の小槌は、そう簡単には手放せない。

「生活レベルを落とせない」
そう思っているから。

 

何かやりたいよね~と言い続け、年老いていくのはイヤだ

東京にいて得られる恩恵ってなんだろう?

話題のお店に行ける?
なんでもあって便利?
面白い人がたくさんいる?

おお、見事にぜんぶ受け身だ。
なにひとつ自ら発信していない。

それならばと、丸の内朝大学だのシブヤ大学だのに通ってみる。

会社以外の「自分らしくいられる場所」を求めて。

会社の同僚とは目線の違う、意識高い系の仲間を作り、仲間同士で群れる。

このメンバーで何かやりたいよね〜と言いながら。
但し、それが実現することはない。

丸の内朝大学の授業料は高い。
これを払えるのは、大手企業勤務だからだ。

いつか好きなことを仕事にする日を夢見つつ、つまらない仕事に日々精を出し、打ち出の小槌を振って意識高い系の飲み会に顔を出し「何かやりたいんだよね〜、でも仕事が忙し過ぎて、、、」と毎回毎回、会うたびに同じセリフを言い合う。

・・・出来の悪いコントだわ。

すべて自分自身のことです。
こんな数年を繰り返し、これじゃあラチあかんとようやく気付いて現在(無職)に至ります。

生活レベルを落とせば、正社員にこだわらなければ、何をしたって食べていける。
そのために私たちは何十年も働いてきたんじゃないか。

まずはいまの会社を辞めてから。
話はそれからだ。

Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

更新情報はこちらから

「フォロー」「シェア」「転載(出典先を明記)」してもらえると小躍りして書き続けます(^^)/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です