【2022年最新版】プロフィール 〜42歳以降のわたし編〜

42歳:不倫を清算して焦りまくる

・会社を辞めて失業保険でまったり暮らす生活

・一日中「ブレイキングバッド」観てた

・家賃5.4万円の古いアパートに住んでいたので(自分史上最安)最悪、フリーランスで稼げなくても、不倫相手が家賃くらい補填してくれるだろうと思ってた(依存)

損得計算機能のバグにより自ら別れようと言い出す

・別れたあと3日間くらい泣き暮らし、我に返る
「しまった!家賃払えなくなったらどうしよう」
「3月で失業保険も終わるのに・・・」(この時点で12月)

先々の見通しなく不倫を清算して焦りまくる42歳。良い子のみなさんは全方位的にマネしてはいけません。

43歳:追い詰められてど根性出す

・最終手段の「実家に帰る」カードはギリギリまで出したくないので、フリーランスとして稼げるようにならねばとようやく動き出す

・半年間54万円のビジネスコンサルを申し込む

・FB顔出し投稿とか、異業種交流会とか、当時の私の価値観的に「震えるほどきしょいこと」ばかりやらされてウンザリするも、コンサル先生はさすがなもので徐々に成果が見え始める

きしょいFB顔出し投稿
きしょい異業種交流会
きしょい通り越してえらいコンサル

・とはいえ仕事も収入も安定せず、そろそろチャットレディでもやらないと家賃払えなくなるかしら?あたりでど根性を出し、安定収入が見込めるクライアントのプレゼンに挑む

・嫌な汗をかきながら自分を売り込むも、そこの社長に「あんたなにしに来たの?」的にあしらわれて凹む

・が、私が帰ったあと、私のブログを読んだ社長が興味を持ってくださり「こいつ、ホームページまわりだけじゃなくていろいろ使えそう」と、思ったかどうかは知りませんが、週に数日の常駐勤務を条件に無事採用となる。(芸は身を助く)

ギリやらずに済んだ

43歳〜46歳:自分の性質を思い出す

・上に書いた会社(地場の工務店さん)では、本当に良くしていただき、気づけば3年間も在籍させてもらった。
いまも会社の前を通り過ぎるたびに、誰の車が停まっているかを入念にチェックしてしまう。あ、社長、会社来てるな、とか。ほっとけ。

営業じゃないし気楽で楽しかった

・工務店さんの仕事と並行して、茅ヶ崎の会社いくつかと仕事をする中で気づく。
私は相当、一緒に仕事をする相手を選ぶし、合わない相手と仕事をすることが最大のストレス。
UQのときに嫌というほど味わっていたというのに、すっかり忘れてた。
この時期、楽しくお仕事できたのは、タウンズホームさんとシッピーノさんだけ。

46歳〜:リベルからお声がかかる

・当時、高田にあった「リベル」のエンジニア小林さんから連絡をもらう
「自社のサイトを面白い感じにしたいので、ライティングお手伝いしてもらえませんか?」

・自社サイトを面白くしたいという割に、社内に面白い人がひとりも見当たらないのこれいかに?と不思議に思いつつ、だから声がかかったのかと納得。
※まだ彩乃ちゃん&ジョージくん不在の時代

・当時のこまちゃん(リベル代表)は、私に対してわかりやすく疑りの眼差しを向けており、初対面キラーの私をこんな細目で訝しむなんて、この人・・・過去に相当、人に騙されてきたんだな・・・と大変気の毒に思う

・徐々にライティング以外の仕事も頼まれるようになり、そのたびに「さとちゃん、見積ください!」と言われることにうんざりし始める(めんどくさい)

・リベルの仕事を引き受け始めて4ヶ月くらい経った頃
(もうさすがにわかってると思うけど)私、ライティング以外にも相当いろいろやれますよ?」とこまちゃんに売り込み、現在の関係性に至る

こういう自社サイトを作りたかったらしい

まだリベルで働いてるんですか?とよく聞かれる

人に対して鬼厳しいさとちゃんが、3年も関係性が続いているなんて奇跡的・・・とも言われる。

たしかに奇跡的

私にとって最も重要なのは「筋を通す」ということ。
「ありがとう」「ごめんなさい」がきちんと言える関係性であるということ。

こまちゃんは、さすがヤンチャしてた過去があるだけに、めちゃめちゃ筋を通すタイプ。
たぶん無意識レベルで気付いてないと思うけれど、定例ミーティングのときに「でも、それじゃ筋が通らないから、、、」と口にしているのを聞くと、ニヤニヤしてしまう。

「筋を通せ」は、実はお母さまの教育の賜物だということを最近知りました。

オフィス移転した頃のこまちゃんとわたし

なにをするかより「だれとやるか」

そう言われました。去年、とある評判の占い師さんに。
わーかーるー
わたしぜったいそっちだー

筋を通すタイプで、ありがとうとごめんなさいがちゃんと言える人。
ぜひ一緒になにかやりましょう。ご連絡お待ちしております。

The following two tabs change content below.

さとちゃん

茅ヶ崎暮らし6年目。ブログを書いたりウェブまわりの仕事をしたり。