ウェブ系のフリーランスになるために野良犬マインドを身につける方法3つ

work_1438_freelance

ウェブ系のフリーランスになるために、なにからしたらいいの?という方へ

「よし、とりあえず会社辞めるか!」

待って待って。ちょっと待って。まずは準備が必要です。
この記事では、会社員時代よりも稼げるようになったフリーランスのわたしが

1)フリーランスの心得(マインド)

2)フリーランスになるための方法

についてお話しします。

飲み屋で知り合った女の子とかから

「会社辞めたあと、どうやってフリーになったんですか?」

と、よく聞かれるので、そういう人に向けても書きました。

ウェブ系じゃない人にもマインドの部分は役にたつかも。読んでみてね。
飲み屋で繰り返し同じこと話すのかったるいから。

私の場合(会社を辞めてから独り立ちするまで)

2015年4月:退職

▼当時の様子
・海まで徒歩5分の距離に住んでいたので、缶ビールとイスを持って毎日のようにビーチ飲み。

IMG_4965 aaa.jpg

・それ以外の時間はブレイキングバッドを怒涛の勢いで見て、主人公ウォルターの人生に思いを馳せる日々。毎日毎日ウォルターのことだけ考えてました。

a

・半年食いつなぐ程度の貯金はあったので労働意欲ゼロ。失業保険もさっさと申請。

2015年10月:失業保険受給開始(自己都合退社のため、半年間あいだが空きました)

▼当時の様子
・受給が終わる前に稼ぐ手段を考えなきゃな〜とボンヤリしながら、まったりした日々。人生の休息タイム継続中。

2016年3月:たしかこのくらいに受給終了

▼当時の様子
・金づるとしてあてにしていた彼氏と前年12月に衝動的に別れてしまったため、あ、やばい!稼がなくっちゃ!と焦り出す(まあまあ遅い)

2016年5月:ビジネスコンサルタントをつける

▼当時の様子
・やばい!このままでは、たかだか5.4万円の家賃も払えなくなる!(無職期間を見越して安いところに住んでいました)という焦り満載。
焦ってはいるけれどなにからしていいのかわからず、やることも空回りで途方に暮れ出す。
・同じフリーランスの友人がビジネスコンサルをつけたと聞き、わたしも同じ人にコンサルをお願いする。半年で54万円。ドキドキの出費。絶対に元を取らねば。

2016年10月:フリーランスとして安定した収入を得られるようになる

▼当時の様子
・固定のクライアントがいくつか見つかり、ようやく収入が安定し出す。ホッと一安心。前月の9月には「チャットレディでもやろうかしら?」と思っていたのでギリギリセーフ。(登録はしてた)
・この2016年5月〜9月が、わたしがいちばん頑張った時期。半年足らずだけど頑張った。ここについて一番知りたいと思いますが、7000文字くらいを要すのでまた別記事で書きます。

そして現在。
フリーランス歴4年。ようやく会社員時代よりも稼げるようになりましたとさ。

飼い犬マインドのままでは死にます

文句たれの飼い犬

振り返ると会社員時代のわたしは完全に飼い犬でした。わんわわん。
与えられた仕事だけこなしていればOK。
それなのによくもまあ、あれだけ文句言ってたもんだ。呆れる。心底呆れる。本当にすみませんでした。

f1725a557bdbc1422d8c105b7d02ba14_l

2016年3〜5月の私が、焦っているくせに動き出せなかった理由がこれです。
飼い犬マインド。
「与えられた仕事をこなす」ことに慣れきっていたので、フリーランスとしてどのように稼ぐ道筋を立てればいいのか、ビジネス設計の方法がまったくわかりませんでした。

飼い犬と野良犬(フリーランス)の違い

いちばんの違いは「守備範囲」が思いっきり広がるということ。
守備範囲っていうかぜんぶ自分でやらなきゃいけない。
広報も営業も制作もぜんぶ。売り込みも価格付けも交渉もぜんぶ。ぜーんぶ自分。自分以外にやってくれる人がいない。自分自分自分。びっくりしたわー。

わたしは会社員として、人三倍仕事をしてきました。
女性のライフイベントである「結婚」「出産」「子育て」「親の介護」←これらすべてにたまたま縁がなかったので、必然的にひたすら仕事をしてました。

責任あるポジションを任されたこともあったし、仕事でしくじって帰りの飛行機の中でシクシク泣きながら帰ってきたこともあったし、クレーム対応を泣き落としで解決したこともありました。
それなりの場数を踏んできていたので、まあまあ自信があったのです。

なのに通用しない。長年、会社員として培ってきたスキルがてんで通用しない。なんてこったい。自分の甘さを嫌というほど思い知らされました。

自分を売り込むことも自分の値付けもできず

嫌じゃないですか。自分を売り込むなんて。Facebookで顔出し売り込み投稿を1日3回やるとか、狂気の沙汰じゃないですか。(←のちにコンサル先生にやらされる)
友人たちに「さとちゃん、迷走しだした」とか絶対言われるじゃないですか。
だって逆の立場だったら絶対言うもん。

自分の仕事に値段つけたことあります?
いくらにすればいいのかが、まったくわからない。価格交渉以前の問題。
高めに設定して、期待に応えられなかったらどうしよう?
実績ないのにこんな値段つけて受注できるのかな?

そんな感じでした。

ひどい。いま思い返してもレベル低い。

私の場合、まずやるべきは、飼い犬マインドを野良犬マインドに切り替えることでした。

いやいややってた頃の一枚。顔出し投稿なんてもはや呼吸感覚。

イヤイヤ投稿してた頃。顔出し投稿なんていまじゃ呼吸レベル。

野良犬マインドの身につけ方(フリーランスになるための準備)

gf01a201502132200

やりたいことは決まっていますか?

そもそもやりたいことは決まっていますか?
スキルを身につける(伸ばす)方法は決まっていますか?

自分の市場価値がわかっていますか?

そもそもあなたのスキルにニーズはありますか?
自分が伸ばしていきたいAというスキルよりもBのほうにニーズがあったりしませんか?

価格交渉できますか?自分を売り込めますか?

野良犬マインドがないと、ビジネスで雇用主と切った張ったができません。
切った張った=雇用条件、価格提示、価格交渉などなど。
いま、フリーランスに囲まれて仕事をしていますが、結構これができなくて苦労している人が多い。

さて、あなたはいまどの段階でしょうか。
自分がいまどのレベルにいるかによって、修行する場が変わります。

1)会社員として培ったスキルを活かしたいが、どんなニーズがあるのかわからない→方法1
2)すでにやりたいことの方向性が見つかっている場合→方法2・方法3

方法1:ビジネスコンサルタントの指導を仰ぐ

a3c491311fee50b1a5a9b383d45c6b27_s

私はこれです。ブログの広告収入で稼ぐという当初の目的はとうに諦めていて、なにをして稼ぐか模索中でした。

コンサル料金は、2016年5月〜10月までの半年契約で54万円。ぜったい元を取らねばと、ようやくやる気スイッチオン。
友人の紹介で面談を受けて、数日後には契約を決めたので、他のコンサルタントと比較したりはしていません。

決め手は以下のとおり。

・最初の面談後、面談の感想メール(宿題的な必須のやつ)を送ったら、私のモノの言い方に対して厳しく指導を受ける。

・そんな基本姿勢すらできていないのでは、フリーランスとしてやっていけませんよ。無自覚なら尚のことですよ、と。

・失礼な書き方をしたとはまったく思っていなかったので「なにこいつ、マジ喧嘩売ってる、どうやってやっつけてやろうか?」と半日ほど熟考。

・いや待てよ?私にこんなダメ出しをしてくれる人はそうそう見つからないかもしれない。

・そもそも冷静に考えたら、指摘された内容は至極ごもっとも。まったく悪意なくあのメールを送った私が相当まずい。

・契約しよう!

もしかしたら、コンサル先生の作戦にまんまとはまったのかもしれませんが、それでも良かったと思っています。
コンサル先生の厳しさは、最初から最後までずーっと続き、「よくもまあ、私がやりたくないことをそれだけ提案してくるものだ・・・」と感心するくらい、嫌なことばかりやらされ続け(Facebook顔出し投稿含む)

結果、半年後には独り立ちできました。大変感謝しております。まとめます。

湘南ビジネスコミュニティ

死ぬほどイヤイヤやってたフリーランス飲み会(参加者に失礼)

▼こんな人に向いてます
・当時の私のように、社会人として経験を積みまくってしまった、扱いにくい40代前半〜中ばの人
・やってみたいことが決まっていない人、自分のどの能力にニーズがあるのかわからない人

▼メリット
・それまでやってきたことをすべてヒアリングしてくれて、稼ぐ道を提案してもらえます
・個別指導なので成果が出るのが早いです

▼デメリット
・相性の良い人を見つけるのが非常に困難
・私にとっては良いコンサル先生でしたが、私が紹介した人はすぐに契約解除していました
・ちなみに相性は師弟関係としての相性です
・人としては大嫌いなタイプの人でした(こういう一言多いところを最初に叱られた記憶あり→そう簡単には治らない)
・なので紹介できないんですよねー、54万円ドブに捨てる可能性もあるから、博打性が強すぎる
・こればかりはご縁かと

方法2:フリーランス向けWEBスクールに申し込む

481acd30843975741402fc44ebcb5305_s

ウェブデザインをやりたい!アプリ開発がやりたい!など、やりたいことと学びたいことが決まっている人はこちら。

未経験でもWEB業界に挑戦したい!【.pro】

※「フロントエンドコース(webサイト・webデザイン)」がオススメです

3年間で1万人が学んだプログラミングスクールTECH::CAMPのオンライン説明会

※まこなり社長のYoutube毎日見てる
※実績・知名度ともに業界ナンバーワン

TechAcademy [テックアカデミー]

※1週間無料体験あり

▼こんな人に向いてます

・未経験だけれどやりたいことや学びたいことが明確である
・ウェブは未経験だけれどデザインはできる・・・など、ある程度の素地がある
・それなりのお金をつぎ込んだという事実がないと動けない怠け者タイプ
・オンラインで毎日トレーナーに質問できるので、さっさと学びたい人向けです

▼メリット

・ほとんどのスクールが「体験」を設けているので、自分にあうスクールを無料で探せます
・オンライン学習なので空いている時間に学べます
・ガッツリとお金を投資するので、私のように「絶対に元を取らねば」の精神が働きます ※無料のYoutube学習だとこれが効かない
・学習時間の確保に必死になるので、会社の仕事の効率がアップします
・会社で多少嫌なことがあっても、独立準備のための勉強を進めているので、大抵のことには心穏やかでいられます

▼デメリット

・いまどき強引な勧誘をするところなどありませんが、意思の弱すぎる人は不向きかも
・あまりにも適性がなかった場合、挫折する可能性も大いにあり(やってみなくちゃわからないけど)

「そろそろWEBスキルを身につけないと厳しいかな?」←そろそろっていうかだいぶ遅いです

「ずっと会社で紙媒体や販促ツールのデザインをやっていたんだけど、ウェブがぜんぜんわからなくて・・・」

という人が私のところにもよく相談にきます。
「ウェブの経験ないんだけど、さとちゃんとこで採用してもらえる?」と。答えはNOです。

ウェブの勉強をしてきてもらわないと、どんなにデザインセンスが良くても無理。

わたしがいま担当している案件は「WEBサイトだけ」というよりも「WEBサイトを作ったついでに会社パンフやチラシもお願い!」系が圧倒的に多いので、最初から【紙媒体+WEBの両方できるデザイナー】にお願いしちゃった方が早いんです。その案件をまるっとお任せできるから。

無料のオンライン説明会や無料体験を賢く活用して、自分にあうスクールを見つけましょう。

方法3:フリーランス向け求人サイトに登録する

1f2c76894991e9b20c90c621408bf614_s

やりたい方向性が決まっていて、すでにスキルを持っている人はこちら。

レバテックキャリア ※経験者向け、案件多い、クライアント常駐型案件も多い

エンジニア求人【TechClipsエージェント】 ※現職のエンジニアがコンサルティング

【Tech Stars Agent】 ※現職のエンジニアがコンサルティング、独立支援サポートもあり

エンジニア転職プロジェクト【CodeCampGATE】 ※まだスキルに自信がない人向き、4ヶ月間実践力を身に付けてから転職相談ができる

▼こんな人に向いてます
・フリーランスとして独立するためのスキルは多少持っているが、営業や交渉ごとはからきし苦手
・どうやって仕事を取ればいいのかわからない、みんなどうやってんの?

▼メリット
・膨大な数の案件から仕事を探せます
・膨大な数の登録者と競い合うことで、自分の市場価値が見えてきます
・個人で仕事を受注〜納品〜請求までの流れを学べます
・仕事を通じて知り合いが増え、直接仕事の依頼が舞い込むこともあります

▼デメリット
・案件がありすぎて、選ぶだけで時間をロスすることも(最初のうちは)
・価格設定に失敗して、作業ボリュームと報酬が見合わないことも(これこそ鍛錬)
・ライバルに負けて受注できなかった、納品したがクレームがきた、などなど凹むこともあるでしょう(これもまた鍛錬です)

おまけの宣伝:茅ヶ崎のウェブ制作会社「リベル」ではWEBディレクターとデザイナーを募集しております

私が現在メインで仕事をしている、茅ヶ崎のWEB制作会社「リベル」では、ウェブディレクターとウェブデザイナーを募集しております。

社長とわたし

社長とわたし

営業経験者やサービス業経験者の方大歓迎

ウェブディレクターについては、ウェブまわりの経験不問。(ウェブまわりのことが好きなら、入社後にいくらでも覚えられるから)
ウェブまわりの経験値より、「交渉力」「折衝力」を重視します。

サービス業の中でも「キャバ嬢」とか「介護職」とか【一筋縄ではいかない利用者様へのサービス提供経験がある人】が向いていそうです。
お客様の難易度が高いと、常に「いまここにある危機」状態で、おのずと課題解決力が上がります。

ウェブディレクション業は、「お客様」「制作スタッフ」の両者に動いてもらう仕事なので、高いコミュニケーション能力が求められるのです。
これができないと簡単に炎上します。

「わたしを雇わないと、まじで損しますよ!」←という強気な方、ぜひお問い合わせ欄からメッセージください。

まとめ:スキル一本、腕一本だけでは、野に放たれたあとに死にます

デザインセンスが良いだけじゃダメ。エンジニアとしての能力が高いだけじゃダメ。
自分を売り込めて、お金の交渉ができて、チーム全体への配慮ができて、この人と仕事すると楽だな、気持ちいいなと思わせるスキル。
それを持ち合わせていないと、野に放たれたあとに食いっぱぐれます。

どこで身につけるのか?
経験あるのみ。

どうやって経験すればいい?
行動あるのみ。

2020年は個々の意思とは関係なく、強制的に変化していく年。
変わりたいとか変わりたくないとか一切関係なく、変わらざるを得ない年。

経済を止めてはいけないことはわかっているけれど
この機会に無駄な消費は見直して、自分に投資していきましょう。

わたしもあのとき、54万円の買い物をしたからいまこうして会社依存から脱出できました。
会社辞めちゃってたから必死になれた。でもそれは養う家族がいないからできたこと。

いきなりフリーランス1本になるのではなく、まずは足場固め。
将来的に稼ぎ口を増やすための筋トレ必須。

さあ、動こう。

おしまい