【お知らせ】スマホで一部記事が読めないのは不具合を放置しているせいです。ごめんなさい。気が向いたら直します。気が向く気がしないけど。

雑談しないと誰かが死にます

仕事は効率重視で、集中しているときに話しかけられるのは嫌。
コミュニケーションは鬼得意で、初対面の人とも秒で距離を縮められる。

よって「雑談とか意味ある?」派だったんですけど、リモートになってから雑談の重要性に気づきました。

間に合わなかった

12年前に同僚が自殺したとき、彼女の仕事の相談を雑談レベルでサクッと聞いてあげられてたら、きっと死ななかっただろうなーと思っています。いまだに。

相談に乗ってほしいと言われたとき、自分の仕事が忙しく、その仕事のプレッシャーも相当だったので、
山を越えるまで待ってほしい、
今週金曜には終わるから来週月曜には話聞けるよ!
と伝えたんだけど、彼女は木曜には死んでしまった。

待っててって言ったじゃん!

文句を言いたかったけど、もういなかった。

彼女は見知らぬ土地に赴任したばかりで、周囲に相談できる相手がいませんでした。

発散する相手がいない問題

リモートでひとりで家で仕事をしていると、発散する相手がいない。
オンラインでつながっている仕事仲間と、仕事の話はするけれどわざわざ雑談はしないし

あいつまじむかつくわー、ぶっ○してえー

なんて物騒なことも言わない。わざわざ言わない。(いや、少しは言ってる)

先月だったかな?
仕事仲間の小澤さんが私の家にやってきて、一緒に仕事をしていたときに
私は彼女に愚痴をぶちまけまくった。

いやー、まじでむかつくわ。いや、いいんだけどね。いや、よくない。
あーでこーでーあーでこーでね!
ちょっとどう思う???

「それはひどいねー」

共感してもらえればスッキリ。すっかりスッキリ。だいたい忘れる。
言わないと溜まる。共感してもらえないと溜まる。
体内にも脳内にも部屋中にも溜まる。
ネガティブな何かが。

お願いだから病まないでね

「さとちゃん、いまいいですか?」

30代前半の仕事仲間たちが、気を遣いながらオンライン上で声をかけてくる。
私と彼女たちの能力には、凄まじく差がある。
年齢も経験値も違うのだから当然のこと。

私はオンラインで当たり前のように言う。

「こーでこーでこうじゃん?だからここを確認しなきゃじゃん?それやってないの?(え、なんで?※心の声)」

私のストレートな問いかけが彼女たちを突き刺す。
オンラインと対面とどちらが恐怖だろう。
受け手じゃないからわからない。

でも、私に聞かないと仕事が前に進まない。
彼女たちの焦る心持ちがわかっていても、顔色を伺いながら、猫撫で声で説明する気はさらさらない。
だってこれは仕事だから。

できない自分が悪いんだ、、、と、思い詰めたりしないといいのだけれど。
思い詰めないでね。うっちー、彩乃ちゃん。

よその会社を知らないからわからないと思うけれど、まあまあ難易度高い仕事をやらされてますよ。
もとい、やらせてもらっていますよ。
やり切った先には凄まじいスキルアップが待っています。楽しみだね。

まとめます

この話を事細かく説明する気になれない。
わかる人は感覚的にわかるはず。わかる人にだけ伝わればいい。

雑談は大事です。

リモートになったいま。
もっとも大事なのは雑談です。

雑談できるバーチャルオフィスツールを探しております。
病んでしまう人や自殺者を出さないために(切実)

先週まで、Sococoというバーチャルオフィスツールを試していました。
連休明けから、また別のサービスを試す予定です。

彩乃ちゃんとうっちーのために手間をかけて導入したのだけれど
思いのほか彼女たちの反応は薄い。むしろ男性陣が前のめり。あれ。

社長
「これ面白いですよね!高級社長イスとかあったらフツーに課金しそう笑」

エンジニア伊藤さん
「Sococo、、、契約しないんですか?結構便利でしたけど、、、(名残惜しそう)」

男性陣のほうがさびしんぼうだった・・・

仕事仲間がメンタル病んだり、死んじゃったりするのはもう嫌だ。
だからなんとかする。

以上です。

The following two tabs change content below.

さとちゃん

茅ヶ崎暮らし6年目。ブログを書いたりウェブまわりの仕事をしたり。

最新記事 by さとちゃん (全て見る)