【お知らせ】スマホで一部記事が読めないのは不具合を放置しているせいです。ごめんなさい。気が向いたら直します。気が向く気がしないけど。

女の人の居場所づくりはじめます①

いま、わたしが関わらせてもらっている企画に「女の人の居場所づくり」があります。
駆け込み寺的なギリギリの場所ではなく、もっともっとぜんぜん手前の居場所。
平たくいうと女性専用のコワーキングスペースです。

なくせない不平等さ

わたし自身は、一度も結婚したことがないし、出産経験も育児経験もゼロですが、「自分が選ばなかったからこそ」ママ業に興味があります。ママたちの1日に興味があります。

いまどきは、パパも育児をしている。

うん、知ってる。

でも、そこに不平等さがないのなら、あんなにVERYで特集を組まれることはないと思う。
(この一行だけで共感できる人に向けて書いてます※パパ除外)

ママの1日に寄り添える長屋的な場所

コロナ以降、夫が家で仕事をするようになり、妻の仕事場所が奪われてしまいました。

「テレカンするから静かにして」

家にいる子供たちを静かにさせねばなりません。

はああ?おまえどんだけエライねん。
そんなエラそうにできるレベルの仕事してるんだろうな?ああん?
テレカンの内容、さっき聞こえてきたけど、内容からして・・・(以下略)

と、わたしだったらダメ出し&即ギレするでしょう。
ああ、だから結婚できなかったのか。

わたしのようにキレてしまっては、なんの解決にもならないので、居場所を作りたいのです。

家で仕事をする夫と程よく距離が取れて、自分の仕事に集中できる場所。

口を開けば愚痴と自慢話しかしない人たちじゃなくて、自分のやりたいことや、仕事や育児のちょっとした相談ごとについて、建設的な話ができる人たちに出会える場所。

ご意見ほしいです

おととい、美容院で白髪染めしながら読んでいたVERYで、離婚されてシングルマザーになったクリスウェブ佳子さんがこう言ってました。

「元気でいようと頑張りすぎなくていい」「元気は人からもらうもの」

※ざっくり書いてます。詳しくはVERY読んでください。素敵なコラムでした。

ふんふん、なるほど。

「○○さんに会うと元気をもらえます!」

みたいな言い方は、ぞわっとするので苦手だけど、でも元気を与えてくれる人はいる。

そういう場所。

「元気をもらえる場所」←わー、いやだ、ムズムズする
「生きる活力をチャージできる場所」←このくらいなら許せる

いきなりどどーんと大きなことはできませんが、じわじわと理想的な居場所づくりができればいいなーと考えています。

どうですかね?


そんな場所があったら利用してみたいでしょうか?
場所は茅ヶ崎駅南口徒歩5分内のエリアです。

ここまで書いておいてなんですけど、利用してくれそうな人が求めることが、まだ掴みきれていないので、

「こんな使い方したーい」とか
「週に○回、○時間くらい使いたーい」とか
「こんな設備があったらいいな〜」とかとか

なんでもいいので気軽にコメントをもらえると嬉しいです!
この記事の一番下にある、わたしのFacebookかインスタかTwitterにメッセージくださいませ。(注:SHAREじゃなくて、さらにその下のアイコン3つ並んでるところからどうぞ)

Facebookは友達になっていないと気づかないこと多いから、インスタメッセージのほうがいいのかな。

直接面識がない方でもどなたでも。
日頃、わたしのブログを読んでくださっている方でも、たまたまこの記事を見つけた方でも、どなたでも。

わたしのようにママ経験のない方でも、ママを卒業された方でもどなたでも。

よろしくお願いしまーす。

The following two tabs change content below.

さとちゃん

茅ヶ崎暮らし6年目。ブログを書いたりウェブまわりの仕事をしたり。

最新記事 by さとちゃん (全て見る)