3/28(日)記事を更新しました。忖度せずに書きました。

今から説教するからみんな座れ

ここ数年、湘南エリアのあちこちの会社と関わってきました。最も長いお付き合いは辻堂にある企業様。3年ほどお世話になりました。

どちらの会社に行っても、デジャヴ感を感じます。

地元企業で働くみなさんに言いたいことがあります。

あのね

自分がどんな会社で働いているかわかってる?

ベンチャー企業?
スタートアップ?

non non

あなたが働いているのは(ただの)零細企業です。

騙していてごめんね(おたくの社長が)。

わたしが寒気を感じる社員たちの愚痴

社長が会社に来ない

会社に来ることが社長の仕事ではありません。
みなさんにお給料を払い続けるために、うんうん唸って、頭にハゲを作り、胃潰瘍をこしらえて、必死に考え続けることが、ありとあらゆる判断を下すことが社長の仕事なのです。
会社に来るのが仕事じゃない。

仕事の指示が明確じゃない

どうやったら事業が前に進むか。
考えて考えて調整して考えて交渉して考えて、事業を前に推し進めるのがあなたの仕事です。それは社長の仕事ではありません。
あなたの仕事です。(二度言っとくね)

社長からレスが来ない

これは前にどこかに書いた気がするから割愛。

コスパの良いライバルたちよりも価値を出せますか?

むかし、派遣営業をしてたときに、派遣スタッフに耳タコで言われたセリフ。

「販売員の仕事はイヤなんです」
「事務仕事に就きたいんです」
「土日休みの仕事がいいです」

当時のわたしの心の声:「事務スキルほとんどないのに?」

令和3年のいまならハッキリこう言う。

「事務仕事はありとあらゆるウェブツールがやってくれるし、電話応対はチャットボットがやってくれるし、販売員もペッパーくんがやってくれます。」

「コスト安のライバルが台頭する中で、あなたはどんなオフィスワークができますか?」

そういうことです。

頭のネジが緩んだ神様

ありがたいことじゃないですか。
地元でオフィスワークができるなんて。
通勤15分圏内で働けるなんて。

職場と仕事を作ってくれる社長に感謝すべきなのに、会社に来ないとか文句言ってる場合じゃない。

あと、もうひとつ。これも言っておきたい。

「社長はすごい人」
「社長になる人は飛び抜けて能力の高い人」
「社長たるものこうあるべき」

みたいに思っている人が多いようですが、それ、おもいっきり勘違いです。

社長という人種は、ただの勘違いな人です。
実務スキルはだいたいみんな低いです。(さとちゃん調べ)

あなたの会社の社長は、三木谷さんでも孫さんでもない。

そのへんに転がってる社長は、己の能力を高く見積もりすぎているがゆえに、平気でリスクを取る、ちょっと頭のネジが緩めの(素敵な)人たちです。

頭のネジが緩んでいる人に、あなたは求めすぎています。
でも、社長の頭のネジが緩んでいるからこそ、あなたの近所に職場があり、あなたは無駄な通勤に消耗することなく、仕事につけているのです。
わかりますか?

もうやるべきことはおわかりですよね?

自分の職場を保持するために、社長と会社を全力で支える。

これだけです。

支えられるのは、幸にして頭のネジが緩んでいないあなたなのです。

以上、説教おしまい。

The following two tabs change content below.

さとちゃん

茅ヶ崎暮らし6年目。ブログを書いたりウェブまわりの仕事をしたり。

最新記事 by さとちゃん (全て見る)